茶道

このように茶による主客一体を目指すことが茶道である。

一般的に茶道というと抹茶を用いたものの事を指すが、煎茶を用いた煎茶道もある。

茶道とはきれいお点前を目指す事、と勘違いしている人が多いがそれは誤りで点前や振る舞いの美しさは断っておきますが一要素であり、抹茶の味、菓子・懐石料理の味、道具・花の選択、建物・庭、季節時にマッチした創意工夫、などの要素も肝心となる。

茶の湯とは主と客との抹茶を介した精神交流である。

それにより主は様々な気配り、もてなしをして、ただただ茶が美味しくなるようにと模索し、客はその心利用しを隅々まで感じとりながら茶をいただく。

このように色々な専門によって広がり・時を演出することから総合芸術としての見方もある。

中古 茶道具

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *